日本の古き伝統。しかしそれは何故?

結婚式や卒業式。そんなめでたい時に紅白饅頭は振舞われます。一度は食べたことがないでしょうか?筆者は何となく白い方の饅頭が好きでした。色しか違わないのに。
一升餅。これは聞いたことのない若い人は多いのではないでしょうか。これは還暦や子供が一歳になった時に食べたり、餅まきという儀式の時に使われています。

紅白饅頭に、一升餅。どちらも昔から日本にあるものですが、何故この2つが広まったかということを知らない人も居るかもしれません。今の若い人に至っては餅撒きという言葉を初めて聞いたという人も珍しくないかもしれませんね。なので今回は紅白饅頭と一升餅に関する豆知識を紹介して行きたいと思います。なお、本格的な饅頭のレシピや、モチを使った料理のレシピはありません。あくまで昔の日本の文化や風習の紹介です。
紅白饅頭はいつ作られたのか。一升餅は何故一升なのか、何故モチはあんなに丸いのか、なんで鏡餅は重ねているのが多いのか。こういった日本の古い習慣を紹介して行きたいと思っています。日本の歴史の豆知識に興味がある人は暇つぶしに是非読んでみてください。案外明日使える豆知識になるかもしれませんよ。

これを読んで、日本の古き良き文化や風習について興味を持っていただけたら幸いです。